横浜の美容外科でキレイになる:代表的な美容整形の施術

プチ整形のススメ

水着の女性

注射で美容整形

1本注射を打つだけで、終了。そんなお手軽な美容整形を、横浜の美容外科クリニックでは受けることが出来ます。それが終わったらさっさとクリニックを出て、横浜の街に繰り出すことだって出来るのです。このような美容整形は、横浜だけではなく日本中で行われていて、何よりもその手軽さから大人気となっています。顔かたちを劇的に変えるようなものではなく、あとちょっと何かをするだけで変われるという人に選択されるものとなっています。たとえば、横浜の美容外科で人気なのは、小顔を演出する輪郭線を作り出すプチ整形です。顔の横幅が大きくて何だかどっしりして見えるとか、下ぶくれの顔が気になるとか、そういった人にオススメのものとなっています。

注射器の中身

美容外科で行われる小顔をつくるプチ整形。そこで使われている注射器の中身は、どんなものなのでしょうか。それは、頬の余計な筋肉の働きを抑える効果のあるボツリヌス・トキシンというもの。特に、「エラが張っている」と言われるような状態に、この施術はよく効きます。ここで言う「エラ」は、もちろん魚の頭部にくっついている器官とは無関係のもので、人の顔にあるものを指す場合には、筋肉が発達して盛り上がっていることを意味します。ポツリヌス・トキシンは、発達した筋肉を弱める効果があります。「美容外科で注射を打ってもらった次の瞬間には小顔に!」というほどのスピーディさはさすがにありませんが、早くても1ヶ月以内には、すっきりとした美しい頬から顎にかけてのラインを手に入れることが出来ます。